今宵も読書日和

読書日記です。2才児の息子がいるのでゆったり、まったり。小説&絵本&その他いろいろたまに日々のこと

カーズ クロスロード【映画】

カーズ/クロスロード 【特典映像付き】購入版 (吹替版)


息子が大好きなカーズ!
子供の為と言いながら私自信がカーズファンになってしまい1も2も何度も見てきました。
やっぱり1は何度みても熱いものが込み上げてくる!
子供が小さいので映画館には行けなかったけど、クロスロードがDVDになったので借りてきました💿
絵本で読んでいたのでだいたいのあらすじは知っているのにやっぱりマックイーンがクラッシュした瞬間はあぁぁっ"(>_<)ってなるし、最後は涙腺が刺激されるし😢見てよかった❤


ネタバレにならないように注意するけどしてるかも💦嫌な人はとばしてください。

[あらすじ]
1では若き天才レーサー・マックイーンがラジエータースプリングスに迷い混み、新しいたくさんの出会いの中で自分のこと、走ることを見つめ直し更に飛躍するお話です。伝説のレーサー・ドックハドソンとはこの街で偶然出会います。そして、後の大親友メーター、素晴らしいピットクルー、大切な仲間。


2はメーターが(たぶん)主役です。世界グランプリに招待されたマックイーン。メーターは大はしゃぎでマックイーンに恥をかかせてしまいます。そして、めちゃくちゃな指示のせいでマックイーンは負けてしまったのです。自分のせいで負けてしまいメーターは1人ラジエータースプリングスに帰ることにしたのですが、スパイと勘違いされてしまいます。
レースの途中相次ぐ事故。大親友のマックイーンを守るためメーターが大活躍します!


そして3であるクロスロードではマックイーンはベテランになっていました。ベテランになっても勝ち続けていましたが、ある日を境に全く勝てなくなってしまいました。最新型のレーサー・ストームの出現です。そこからスポンサーたちは最新型を導入し、ベテランたちは引退を余儀なくされます。勝たなければという焦りがマックイーンを大事故にあわせます。本当にリアル感半端ない!
でもそれで立ち止まって引退するマックイーンではありませんでした!最新のトレーニングを受けるのですが上手くいきません。しかし、そこでラミレスとの出会いがありました。ラミレスと共にフロリダまでトレーニングしながら向かいます。




勝負の世界ですから世代交代は必然ですがやっぱり切ないものがあります。
あのラストは不満を覚える人もいるかもだけど私は不満はないです。車の世界も人間の世界と一緒。
マックイーンとドックの繋がりもグッと来るものがあります。

オリラジ藤森がストームの声をやってて、こいつは嫌な奴だと声を聞いた時からわかります。
私はあまり中の人とか監督さんに興味がなかったのですが、サリーの声をアンパンマン、メーターをぐっさんがやっていたなんて知りませんでした。
そういう部分も知っていると更におもしろく見れそうですね。

一度見終わっても息子は「クロスロード見る!」
終わったばかりですよー


そういえば先日ガチャガチャでMissフリッターのおもちゃが出て大泣きし、2回目もフリッターで何度も心の中でごめんよと謝りました。なのに今では両手に離さず遊んでいます。寝るときも一緒。私は誰だよフリッター?だったのですが、今回フリッターの正体がようやくわかりました。暴走スクールバスのすげー濃いキャラだった💦息子が気付いたかどうかわかりませんが。。。誕生日はフリッターのケーキがいいそうです。

人生は思い通り!マンガでわかる「引き寄せ」の法則

人生は思い通り! マンガでわかる「引き寄せ」の法則


タイトルに惹かれてつい手に取ってしまいました。
マンガと解説が載っていてわかりやすかったです。


引き寄せの法則って結構メジャーなんですかね?ネットで見てみると引き寄せ関連のものがたくさんあるんだなと気づきました。
スピリチュアル的なことなのでしょうが、大切なことがたくさん書いてあったと思います。

・恋人がなかなか結婚してくれないことを悩む女性
・旦那が就職が決まらずイライラしてしまう女性
・昇進と部下との関係に悩む女性
・旦那との会話がなく関係に悩む女性

悩みは人それぞれ

どうやら自分が強く願っていることが現実になっているそうです。こんな現実を望んでいるなんて信じたくないけど、本当にそうならいくらでも素敵に幸せな人生を送れるんじゃん♪そう思いました。

いい気分でいることと、幸せ探しを初めてみようかと思います♪

子供の頃の思い出のお話は?

我が家では寝る前に絵本を必ず読んでいます。
お気に入りはカーズとアンパンマンです。他の絵本も大好きだけど頻繁にリクエストがかかります。


皆さんは思い出に残っているお話ありますか?

お昼に子供の頃の絵本の話になりました。
Oさんは何度も何度も読んでとせがんでお母さんが怒ってしまったそうです。
しかも本を破ってしまったとかΣ(゜Д゜)カアチャンスゲー

大好きな本は何度だって読んで欲しいもんなぁ


ちなみに私のお気に入りのお話は古事記でした。なんでそんな話をしてもらったのかは謎です。

天照大神が天岩戸に隠れてしまうお話とか、因幡の白兎とか、古事記じゃないけど十二支の順番の話っていうのかな?それとか好きでした。
しかもお母さんは本を読んでいたんじゃなく、おそらく覚えててしてくれていたように思います。
うちに本なかったもんな…


皆さんにも何か思い出にある好きだった絵本(?)の話はありますか?

パンのおうさま【絵本】

息子くんが夢中になった絵本

パンのおうさま


本が食パンの形をしています。本自体がとてもかわいいので小さいお子さんに見せてあげたら喜ぶかもです( ´∀`)
絵もとってもかわいくて、パンは美味しそう!

内容はパンが大好きな王さまがいました。
好きすぎて町をパンにしてしまいます。
おうちだけじゃ物足りない。家具も洋服もあらゆる物をパンで作って大満足の王さま。

でも、ある日大変なことに!?


ASIN:4097267167

パンのおうさまとシチューパンもとてもかわいらしいです。



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

紅霞後宮物語【小説】

小説を読むの久しぶりだー
大好きみどり書房を散策していたら表紙が私好み

紅霞後宮物語 (富士見L文庫)


後宮って言葉の響きも好きで思わず手に取っていました。この日はもう1冊買っていつ読めるかなーとわくわくしていますが、こっちの続きも気になるし、他の本も気になるし。引きこもって旦那に子供見てもらって本の虫になりたい!


紅霞後宮物語はなんと言っても主人公である小玉さんが素敵。武官として活躍した彼女は元部下で現皇帝の文林さんに「後宮に入って有事の際は軍を動かしてください」とお願いされ了承してしまうのです。でも結局は好きだから俺に側にいさせてください!って素直に言っちゃえよこのやろー!なんだけど、そんな事も言えないよねー。

後宮といえば女のどろどろした世界なのかと思いきや、そんなこともなく(ほんのちょっとあったかな?)ただただ小玉さんがカッコいい。そして斜め上の思考の持ち主ではありますがナゼか上手くいくという定番さはあります。

カッコいい女性というのは男性よりも女性を魅了してしまうのですね。私もこんなにカッコいい女性が近くにいたら旦那なんてそっちのけで追っかけしてしまうな、確実に(笑)


続き読みたいけどシリーズものですからな…



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

プラチナエンド【漫画】

プラチナエンド 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)


TSUTAYAでコミック5冊無料クーポンが出たので、早速使ってみました。

漫画も小説も大好きだけど、子供が小さくて手がかかるから読んでる時間がないって思っていた。
でも自分で時間がないって決めつけてるからで、ほんとに読みたかったら時間が作れるんだなって思わせてくれた。


漫画読むのほんと久々すぎて嬉しかった(´;ω;`)
では、やっと本の感想を


作者は小畑健(絵)大場つぐみ(原作)

この二人の名前を見つけたら手に取らずにはいられなかった。
つまらない筈がない!ちょっと期待が大きすぎると読んだとき期待はずれだと思いがち。そんなフラグが立っているような気もしたけれど迷いなく手に取りました。

デスノートバクマンもめちゃくちゃ面白かったし、絵も綺麗
だけど少しの不安、それは私の読書スピードの遅さ。じっくりじっくり読むので人より2~3倍の時間がかかるのだー(-_-#)バクマンって1冊1時間くらいかけて読んでた。ちゃんと読みきれるかな…

心配ご無用でした。むしろさくさく読めてすぐ終わった(笑)


主人公架橋明日(かけはしみらい)は引き取ってくれた叔父叔母家族に奴隷のような扱いを受け、中学校ではいじめにあい、卒業式の後自殺を図る。
ビルから飛び降りたが、それは天使によって阻まれてしまった。

天使から受け取った翼と自分を好きにさせる赤い矢。そして、殺すことのできる白い矢。

話をするなかで自分の家族を事故に見せかけて殺したのは引き取ってくれた叔父叔母だということを知った。

さぁ明日君はどうするのでしょう?これ以上は書かずにおきます。


明日君が生きる希望を失って自殺を図ったけれど、幸せになりたいと願う気持ちの変化や、優しさに嬉しくなれます。そして戦いが始まってしまうのですが明日君幸せを手にすることができるのでしょうか?


現在1巻から6巻まで
ジャンプSQにて連載中です。
最新作が出たらまた読もうー



にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

こぐまちゃんとどうぶつえん【絵本】

うちの息子のお気に入りの本
「こぐまちゃんとどうぶつえん」

こぐまちゃんとどうぶつえん (こぐまちゃんえほん)


こぐまちゃんとしろくまちゃんは動物園に出掛け、たくさんの動物たちを見ました。
きりんさん、ぞうさん、かばさん等々
ページをめくる度に大きな声で「きりんさん!」「ぞうさん!」と教えてくれます。
絵本を読んでいても次が気になって早く早くと急かし、終わると「もう一回(^o^)」のおねだり攻撃が始まります。

かわいいこぐまちゃんに子供も大人も夢中になってしまいますね。

こぐまちゃんはシリーズでたくさんの本が出ているけれど、息子は動物園が一番好きみたいです。




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村